“自分探し”って訳じゃないけど、
“脳内ひとり問答”は常にしている。

 
 
「これでいいのか?」
「このままでいいのか?」
「もっと可能性が引き出せるんじゃないか?」
「10年後もこのままのはずはないよな?」
「価値の提供方法を変えるには?」
 
 
…なんて。
脳内は常に忙しい。
 
 
 
「自分自身や自分の仕事に満足した時点で
個人事業主の生命は終わりだろう」
 
…なんて。
強迫観念に突き動かされる日々。
 
 
 
 
“対人業”の場合、
相対するお互いの時間が有限だからこそ、
目一杯考えにゃいかん訳です。
 
そこに生まれる価値とやらを。
 
 
 
 
(これは一体全体どういう訳か本当に謎なんだけど)
ポンコツ愚鈍極まりない中古事故物件な
ワタクシの周りには、
仕事をサポートしてくれる”超”優秀な人達がいる。
 
 
 
そういう人達の仕事を見たり、
話したりする中で、
自分に活かせるヒントを得ることはままある。