着眼高ければ...

東京都中野区野方治療院加藤資疲労回復

俺の仕事は
実際に会いに来てもらわないことには
始まらない。

 
 
Skype/zoomなどのオンラインや
遠隔ヒーリングとやらで
完結するものじゃないんだわ。
 
 
 
例えば、
商品がたくさんあって、
それをネットで不特定多数に大量撒布
出来れば良いよな。
 
 
 
でも、
うちはAmazonじゃない。
 
 
 
 
ベッド一床、俺1人。
一対一で物事を進めていく。
 
直接、
手で肌に触れるところからがスタート。
 
 
だから拡散性なんてクソ喰らえだ。
 
 
 
 
 
紙切れ積み上げる為に
【松竹梅】設定で
“竹”を選ばせる心理操作も、
フロントエンド/バックエンド的に
徐々に高いものを売る気もない。
 
 
経営者として、
マーケティングのダークサイドに
落っこちそうになったこともあるけど、
性に合わないんだな。結局。
 
 
 
 
俺の存在意義は
“あんたの身体を軽くする”
それだけだ。
 
それしかやらないし、
その一点のみに賭けている。
 
 
 
 
メニューを教えてくれって?
 
 
美容・小顔/骨盤矯正なんて
やる気が出ないんだ。
 
○○分コースが幾つか用意されてて、
「ご延長はいかがですか〜?」なんて
正直、反吐が出そうだしな。
 
 
 
 
 
だって、馬鹿みたいだろ?
 
 
 
 
 
目の前の相手が良くなる可能性があるものをまず一番に提示する。
 
それが誠意だと思うぜ。
 
 
金に転んで、
それが出来ないって言うんなら、
辞めちまった方がいい。
 
実際、
大きく稼ぎたいなら、
この仕事は割に合わないしな。
 
 
 
 
そういえば、
昔の人がいい事、云ってたよ。
 
 
 
【着眼高ければ則ち理を見て岐せず】
 
ってな。
 
 
短期・短絡的な金稼ぎ。
そこに俺の目標はない。
 
 
 
もっと大きいもの。
もっともっと震えるくらい大きいもの。
 
そこに繋がってないと心が動かないし、
生き延びた意味が見出せないんだわ。
 
 
 
 
誇り・信念・志…
 
 
男三十を過ぎたからには
カッコつけてみるのも悪くないだろ?
 
 
 
 
あんたを通して、
この国の未来を観ているよ。
 
 
良い人生を。
 
東京都中野区野方疲労回復治療院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です