生きていれば、
必ずや疲れは溜まる。

 
 
肉体疲労・精神疲労・脳疲労…
 
と呼び名は様々あるが、
グーグル検索で出てくる現状の
疲労回復ワードには
疑問を持たざるを得ない。
 
 
 

疲労回復の問題

 
「疲労回復」
というキーワードで検索すると、
食べ物や飲み物のレシピ、
サプリを売る為のアフィリエイトページ、
果ては怪しげな磁気ネックレスなど、
様々にヒットする。
 
 
それだけの需要があるということは、
それほど現代人は疲れているのだろうし、
(何というか)お手軽なものを
求めているのだろう。
 
 
 
それはそれでいい。
 
資本主義社会における商売は
まぎれもない正義だからだ。
 
 
 
だけど、
疲れ果てた身体に
足し算的にいろいろ付け加えても、
ザルのように垂れ流れるだけ。
 
 
お金の無駄遣い。
もったいない。
 
 
 

疲労回復と身体の仕組み

 
疲労を甘くみてはいけない。
 
疲労を積み重ねた身体は
“何が起こるか分からない身体”
である。
 
 
あちこちが凝り固まり、
呼吸は浅く、
時に(無意識に)止め、
体液の循環が悪くなった身体というのは、
体内にタイマーの見えない時限爆弾を
抱えて生きているようなもの。
 
(それって怖くない?)
 
 
 
そんな身体に
「〇〇にはこれが効く!」
という食品やサプリメントを
外側からあれこれ投入しても
上手く吸収することは難しい。
 
それよりもまず、
自分の身体自体を
どうにかするほうが先決だ。
 
 
 
例えば、
産業廃棄物まみれの土壌に
種を蒔いたって発芽しないのは当たり前。
 
それならまず、ゴミをどかして、
土を耕すところから始めたほうが
良いんじゃないか?
 
 
 

疲労回復の障害物

 
人間には
“慣れる”という性質が
埋め込まれているということ。
 
仕事に環境に。
 
 
 
自分が不利な状況に置かれていても、
その環境に適応して、
その時々の最善を選びながらも
生き抜いていく。
 
 
これは
人類が長く厳しい歴史の中で会得した
生存戦略として、
プログラムされていること。
 
 
その一つが
“慣れ”の問題である。
 
 
 
自分の身体が
辛く苦しい状態にあっても、
それが続けば、その状態が
”あたりまえ”になってしまう。
 
 
 
元々の”楽さ”や”快適さ”を忘れ、
辛い状態でも
「これが普通」と生きてしまう。
 
 
 
しかし、
体内環境は劣悪な為、
気が付いた時には
大病を患う可能性が高くなる。
 
 
曰く、
「なんで私がこんな目に…」と。
 
 
 
しかし、身体は常に
“重い/だるい”
というような形で警告を発していたはず。
 
 
それを積極的に無視したツケは大きい。
 
 
 
だからこそ、
変に慣れずに、
真摯に身体の声に耳を傾けたほうがいい。
 
 
 

なぜ疲れるのか?

 
身体の使い方が下手

無駄に力む

筋肉等の過緊張が続く

呼吸が浅い/止まる

体液の循環悪くなる
 
 
 
結果、
体内は酸欠気味になり、
体液循環は悪くなる。
 
 
栄養と酸素が
きちんと細胞の隅々まで届かなければ、
新陳代謝もままならない。
 
 
 
生きていれば、必ず疲れは溜まる。
 
人には自然治癒力がある故、
疲れが溜まったとしても、
日々解消されていく。
 
 
 
しかし、
酸欠/循環不良の身体は
自然治癒力が大きく減殺されている。
 
 
それでは、
疲れは溜まる一方だ。
 
 
疲労には酸欠と循環不良が絡んでいる。
 
 
 

まとめ

 
人生にリセットボタンは無いし、
戻るべき唯一の理想地点もない。
 
 
だから人は、
今までの経験と傷を
引きずりながらでも
生きていかなければならない。
 
 
 
だけど、
そこまでに溜まった
澱のような疲労だけは
抜き去れる。
 
これはある種の救いである。
 
 
身体を
“その時点での良い状態”
に近づけること。
 
その時点、その時点で
良い状態へと更新していくこと。
 
 
その積み重ねが良い人生を創る。
 
 
 

疲労回復一覧

 
【疲労回復】ストレスの種類とデスクワークでの脳疲労を取って、疲労回復する方法
 
疲労回復には
様々な方法がある。
 
自分なりの
疲労回復の方法を
見つけた方もいるだろう。
 
 
もし、
「疲労回復法がない・・・」
って方は、
下記の中から、
ご自身の身体に合った
ベストなものを選んでいただけたら。
 
 
 
お風呂で疲労回復

疲労回復にお風呂は即効性があるか?
 
 
睡眠で疲労回復

きちんと睡眠を取り、疲労回復する方法と枕選びの3つのコツ
 
 
整体で疲労回復

整体が疲労回復になぜ良いのか?
 
 
温泉で疲労回復

温泉と整体に共通する疲労回復の為のたった1つのこと
 
 
温泉で疲労回復2

疲労を回復する為の方法は何が一番良いのか?整体か?鍼灸か?マッサージか?はたまた温泉か?
 
 
疲労回復のコツ

【疲労回復】疲れやすい身体を体質改善して、素早く疲労回復する3つのコツ
 
 
ストレスの種類と脳疲労を取って、疲労回復する方法

ストレスの種類と脳疲労を取って、疲労回復する方法
 
 
疲労回復の為の肩こりの原因と対策

疲労回復の為の肩こりの原因と対策