「君の言っていることは100%正しい。
誰が聞いても完璧に正しい!
それが故に(私は)納得いかない」

 
ってことはないですか?
 
 
 
 
AIが相手であれば、
目一杯、正しさを主張しても良いだろう。
 
 
…だけど、
人間は感情を持つ。
 
 
 
相手を論理的に追い詰めていくことでは、
深い人間関係なんて築けないし、
そこに残るのは遺恨でしかない。
 
 
 
 
結果、必ず関係は破綻する。
 
 
 
 
 
 
もし、
相手との人間関係を深めたいのであれば、
対話の前提として、
その相手の持つ背景に想いを馳せることが大切。
 
 
 
 
人間は揺れ動く生き物。
 
その日その時、相手の生活には”色々”ある。
 
 
仕事の疲れや家族との関係、人生の重み。
 
 
 
そういったものを抱えて生きているからこそ、
心がささくれ立つ日もあれば、
心配/不安で、ふてくされている日もある。
 
 
 
 
そんな相手に対して、
自分の論理を突き通し、
打ち負かすことに比重を置けば……
 
 
 
 
 
相手と”分かり合いたい”からこそ
話し合いをするのではないだろうか?
 
 
 
良い方向に向かうために。
関係を改善するために。
 
 
 
 
ただ自分の正義を押し付けることで
“それ”を達成することなんて出来ない。
 
 
「自分の気持ちを分かって欲しい」
という
“気持ちと言葉”が暴走してしまうと、
結局、
相手には何も伝わらない。
 
 
 
 
 
対話をしていれば必ず、
双方が
「まぁまぁ納得出来るかなぁ…」
という”落としどころ”が見えてくる。
 
 
そこでお互い手打ちにして、
そこからまた一緒に同じ方向を向いて歩き出す。
 
 
 
人間関係を深める為には、
そういう繰り返しが必要なのだ。
 
 
 
 
 
 
相手が”大切にしていること”を知り、
それを大事に思いやりながら、
少しずつ少しずつ自分の気持ちを伝えて
関係を深めていけば良い。
 
 
 
 
焦ることなんてない。
 
議論に
”勝ち負け”を求めるのはやめよう。
 
 
相手を打ち負かす為だけの対話に
意味なんて無いのだから。