今更ながら、
“学校”というシステムの有難さが身に染みる。

 
1日5時間なり6時間なりを
勉強の為に自動的に確保してくれる。
 
しかも、毎日。
 
 
 
「学生は勉強が仕事」
親によく言われましたが、
 
“親の意見と茄子の花は千に一つも仇がない”
 
…ってやつですな。
 
 
 
自営で仕事しながら、
勉強の時間を確保しようとしても
日に3時間が限界。
 
 
限りなく無限にあった、
あの時間が懐かしい夏の朝。