人間が生きて傷つき、血を流す存在である限り、いつの時代も良質の物語は求められ続ける

東京都中野区野方疲労回復治療院


東京都中野区野方疲労回復治療院

本。
その時々の自分が必要とする本がある。
 
 
 
生きてきた道で負(お)った、
その傷が深ければ深いほど
映画/音楽/文学/写真/絵画etc…
芸術表現との親和性は増していく。
 
 
だからこそ、
人間が生きて傷つき、
血を流す存在である限り、
いつの時代も
良質の物語は求められ続ける。
 
奇をてらわず、
自己の内奥に降りていくような
普遍的な。
 
 
 
 
物語に自己を投げ入れ、
自分の過去や現在、
そして未来をその内(なか)に読む。
 
そういった行為の中で、
人は治癒し、また立ち上がる。
 
 
物語の奥深くへと没入するセンスは
傷の数だけ無数に広がっているのだろう。
 
 
 
 
傷を”見ないように”と、
しまい込んで蓋をするのではなく、
繰り返し再生する。
 
 
その傷の痛みが
心を支配しなくなるまで。
 
何度も何度でも。
 
 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です