難病を克服するためにやるべき❝たった一つ❞のこと

【日常を見直す】

やるべきことはこれだけである。

怪我や事故などの外傷や
ワクチン接種による副反応を除けば、
すべての疾病は日常の中から起こってくる。

それはクローン病など難病も同じである。

クローン病を自力で克服した鍼灸師 中野区治療院

日常を見直すとは何か?

文字通り、
「常住坐臥」人の営み全てである。

  • 小物の取り扱い
  • ドアの開け閉め
  • ペンを握る圧
  • 落ちた物を拾う
  • 箸の上げ下げ
    etc・・・

例を挙げればキリがない。

人が起きて寝るまでの時間中やることに
どれほどの精度で気を配るか?

そして、
ダメな動作・所作は
時間をかけて癖を矯正していく。

それが
【日常を見直す】ということ。

不調は自ら創り出しているもの

不調体質というものは、
「自ら創り出している」場合がほとんど。

不必要な力み、
それに伴う呼吸の浅さ・一時停止。

この繰り返しが、
自らで自らに鎖を巻き付ける作業である。

結果・・・

自然治癒力の発現は極端に抑え込まれ、
「病名の世界」に足を踏み入れることとなる。

じゃあ、どうすれば・・・

自然治癒力の発現が抑え込まれている、
クローン病をはじめとした難病の場合、

【身体に対する負の入力を出来うる限り、
ゼロに近づけていくこと】

この作業をシビアにやるほかない。

本当に地味な、
根気のいる面倒くさい作業。

日常の当たり前を変える度胸はありますか?

まとめ

あなたにとって、
一番身近な自分の身体。

「そこにどれだけの注意を払えるか?」

自分の身体に対する注意の深さは、
そっくりそのまま
【自分を大切にする】ことに繋がる。

雑に生きるな。
丁寧に生きろ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です