難病の辛い検査を乗り切る方法

西洋医学の検査は
“辛くてキツい”ものばかり。

 

例えば・・・

口から胃カメラ入れられ、
鼻から造影剤の管を入れられ、

お尻から内視鏡をブチ込まれる。

そのような
どれも肉体・心理的負担の大きい検査の最中、
一体どうすれば楽に乗り切れるだろうか。

クローン病を自力で克服した鍼灸師によるクローン病の検査を乗り切る方法

クローン病の検査方法

クローン病の検査には、下記の方法が用いられる。

  • 血液検査
  • 画像解析(CT・MRI)
  • 内視鏡検査
  • 造影検査
  • 便検査

血液の炎症反応・栄養状態の精査
画像による肉眼的診断
便中の潜血反応

などを総合して診断が下される。

これらは初期診断のほか、
闘病中の寛解・再燃を測る目安としても
度々、実行される。

辛さを辛さとして感じないために

検査日が決まると、
過去の辛い検査の記憶が甦り、
心理的に塞ぎ込んでしまうことは多い。

そして、
実際の苦しい検査時に、
“辛さを辛さのまま感じている”と、
心理的効果も相まって、
“より苦しくなってしまう”のが人間。

そんな時は、

【この状況でどうしたら”楽”にいられるか?】

それを徹底的に
「身体を使って」考える必要がある。

その時に考えるべきは…

そのキーワードは《呼吸》です。

 

鼻から管を入れられようが…
お尻から管を入れられようが…

 

徹底的に
“自分の呼吸に意識”を向け続ける。

 

《どうやったら呼吸が楽になるか?》
だけを考えて、
“楽”を目指して”呼吸を通して”いく。

 

そんなことをやってるうちに
検査終わる。

 

これが
ちゃんとできるようになると、
日常的な痛みの緩和にも応用が利き
自分で自分を
上手にコントロール出来るようになる。

まとめ

辛さに意識の焦点を当ててしまうと、
苦しさは倍増する。

そこから
「どう意識を外していくか?」
が大切であり、
その為に考えるべきは、

【どうやったら今、一番’楽’か?】

そのためのキーワードが
「呼吸を通す」ということである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です