むくみの原因と解消法

むくみの原因と解消法

身体の約60%は水。
 
それを細胞の内・外にて
保持している。


 
むくみは
そのバランスが崩れてしまった
状態のことをいう。
(医学用語では浮腫)
 
 
 

むくみの部位

 
むくみの代表的な部位は、
足だろう。
 
 
靴下の跡がくっきり残ったり、
ブーツの脱ぎ履きが困難になったり...
 
 
そして、または
 
飲み過ぎた夜、
泣きはらした深夜の翌日には、
 
顔面(特に瞼ね)
 
ってのが定番だろうか。
 
 
 
足などの軽いむくみや
原因のはっきりしているものは、
特に心配はないが
 

  • 全身的にむくみがひどい
  • 下肢の強烈なむくみ(象の足のように膨らんで、皮膚が痛む様な)

 
に関しては、
何らかの病気が隠れている可能性がある。
 
 
 
全身的なむくみは、
心臓、腎臓、肝臓などの内科的な病気、
局所的な場合には、
静脈・リンパ管の閉塞・炎症。
 
また全身の栄養状態が悪く、
アルブミン値が低い場合も、
身体はむくんでしまう。
 
 
 
安易に
自己判断で色々試すより、
病院の受診をお勧めする。
 
 
 

むくみの原因

 
むくみの原因と解消法
 
何故、人はむくんでしまうのか?
 
例えば、
 
 

  • 長時間座りっぱなし
  • 立ちっぱなし

 
 
など、
同じ姿勢を長時間保ち続けると、
身体の水分は重力の影響によって
下肢へと落ちてくる。
 
これが、
病気ではない場合の
足のむくむ原因。
 
 
 
脚の筋肉が落ちてくると、
より顕著に症状が出やすい。
 
 
 
その他、
塩分の過剰摂取、
過度の飲酒などの
生活習慣の乱れは体内をかき乱し、
むくむ原因となる。
 
 
 

むくみの対処法

 

  1. 水を飲む
  2. 歩く
  3. 寝る時、足を少し高くする
  4. 適度な運動
  5. 脚の筋肉を鍛える
  6. 塩分を適量取る

 
 
 
1.水を飲む
 
水を飲んだら、
逆にむくむと思ってはならない。
 
 
適度な水分がないと身体は、
水を保持しようとするため、
むくみが解消されづらくなる。
 
 
一日で、
体重の三分の一は水分を補充したい。
 
 
体重60㎏の人で、1日2リットル。
(自分の体重で計算してね)
 
 
この暑い時期だと
汗でかなりの水分が
持っていかれるので、
更なる水分補給が重要。
 
 
 
「むくむから...」
 
と水分摂取を嫌がる人もいるが、
水分の取らな過ぎは、
腎臓に過度の負担がかかる上に
むくみの解消にも悪影響を及ぼす。
 
 
 
2.歩く
 
ふくらはぎの
筋肉のポンプ作用をうまく働かせると、
むくみが解消されやすい。
 
 
 
3.寝る時、足を高くする
 
”水は低きに流れる”
 
ってやつ。
哲学、もとい物理学。
 
 
ここでのポイントは
ふくらはぎの一部分を
持ち上げるのではなく、
膝下全体を
毛布等で上げるのが良い。
 
 
 
4.適度な運動
 
身体を動かすことで、
全身的に巡りが良くなる。
 
汗をかいたら、
水分補給も忘れずに。
 
 
 
5.脚の筋肉を鍛える
 
なんだかんだ筋肉が無いと、
身体を維持することができない。
 
(ボディビルダーほどの筋肉は
要求されないけど)
 
 
 
6.塩分を適量取る
 
塩分も
水分吸収の重要な一つ。
 
最近は
”減塩ブーム”によって、
塩分を極度に控える人も多いが、
控えすぎもよくない。
 
 
 

まとめ

 
水分の取りすぎも取らな過ぎも、
 
塩分の取りすぎも取らな過ぎも...
 
むくむ原因となる。
 
 
身体はバランスを以て良しとするので
何事も適度適量に。
 
 
 
 
【疲労回復】ストレスの種類とデスクワークでの脳疲労を取って、疲労回復する方法
 
疲労回復には
様々な方法がある。
 
次の中から
ご自身に合った
最適な方法を選んでほしい。
 
 
毎日溜まる疲労だからこそ、
簡単に出来て、
身近なものであればベストである。
 
 
お風呂で疲労回復

疲労回復にお風呂は即効性があるか?
 
 
睡眠で疲労回復

きちんと睡眠を取り、疲労回復する方法と枕選びの3つのコツ
 
 
整体で疲労回復

整体が疲労回復になぜ良いのか?
 
 
温泉で疲労回復

温泉と整体に共通する疲労回復の為のたった1つのこと
 
 
温泉で疲労回復2

疲労を回復する為の方法は何が一番良いのか?整体か?鍼灸か?マッサージか?はたまた温泉か?
 
 
疲労回復のコツ

【疲労回復】疲れやすい身体を体質改善して、素早く疲労回復する3つのコツ
 
 
ストレスの種類と脳疲労を取って、疲労回復する方法

ストレスの種類と脳疲労を取って、疲労回復する方法
 
 
疲労回復の為の肩こりの原因と対策

疲労回復の為の肩こりの原因と対策
 
 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です